低レベルRTA

和歌山県の規格外野菜やフルーツを集める加工場を作ろうとしたり、庭先やキャンプ場へ出張エンタメBBQしたりしている首藤です。

補助金や助成金について調べてくれる方にお願いして、おすすめなのを教えてもらいました。

『バイトや契約社員を正社員に昇格させる時にもらえる助成金』しかありませんでした。

バイトどころか、物件すらまだ押さえてないので、それどころではない内容でした。

まぁ、新規事業立ち上げのは、地方自治体や県などから補助金出るのが、一般的ですからね。

ってか、ほぼ無一文の状態のNEET野郎が、どうやって物件押さえんだよ。

どんなにうまいカレーとかパンを作れても資金がなければ、流石にどうしようもないわ~。

日本語が読めれば、誰でもうまい物が作れる時代ですから、誰でも出来ます。

ってことで、makuakeって言う物販物作りに特化したクラファンに相談メール送りました。

送ったは良いものの、なんかすぐにリターン返せる状況じゃないと企画そのものが通らないとか書いてあった気がします。

『どんだけ、無一文NEETに厳しいんだよ。』

こうなると、何が何でも物件を押さえることが最優先な気がして来ましたが、当然無収入のままです。

せいぜいメルカリで小学生のお小遣い程度の収入しかありません。

えー、よく昔のゲームである低レベルで必要最小限の装備と戦闘で大魔王ゾーマを倒しに行く、ガチオタクがやるドラクエ3のような感じがしてきました。

数年前には企業対抗戦としてニコ動かなんかで取り上げられてましたね。

もしmakuakeでもダメだったら、本当に片っ端からお願いするしかないでしょうね。

そん時、何を相手に差し出すかなんですよね。

村西とおるのように自分のケツの穴を差し出すしかないかもしれないですね。

まぁそれでお金が借りられるのなら良いですが。

30年前のバブル時代と違って、今はコロナで厳しい時代ですからね。

それもやってみないと何もわかりませんし、やってみてから騒ぎましょう。

でも、そう考えるとやっぱり今この何かに向けて動いている瞬間そのものは楽しいもんですね、皮肉なことに。

よくイキイキしている経営者さん達が言っている今を生きろってのは、こういうことかもしれません。

実際に動いてると楽しい

和歌山県で規格外や陳列すらされない野菜フルーツの加工場を作ろうとしたり、出張エンタメBBQをしたりしている首藤です。
えー小銭稼ぎでもしようと思ってパン屋のバイト2個程応募しましたが、1個不採用でした。
流石にバイトですら雇われないと思うと凹んできますね笑
まぁ履歴書に
『照寿司のようにお店のパンを食べに来るんじゃなくて、その人が作ったパンやレジ打ちを体験したいと思わせることをやりたい』
って書いたら、まぁ店長的には
『なんやねん、コイツ。アホちゃうか?はねたろ』
って、そりゃあそう思われますわー。
会社員だった数年前からこんなん考えてたり実施にやってるんだから、なーんも労働者として成長してないんやろな笑
労働者としては…。
【1】加工場(仮)候補を見つけると楽しい
今日は一日中、僕が住んでいる隣町である関西国際空港がある、大阪府泉佐野市のあたりをグルグル回ってました。
・加工場(仮)の寸法取り
・必要と思われる資材の洗い出し
・業務用厨房機器の下見
・信金とのアポ
・泉佐野市からの補助金調べ
・和歌山で協力してくれる人との情報共有
・不動産会社へ通帳コピー渡し
・軽トラリース見積もり
いやー、今までどこにするのかすらまともに決めてすらなかったので、思い通りに動けなくて正直イライラしてました。
と言っても、これからが思い通りにいかないことが多くなると思うので、なんとも言えませんが。
特に資金面がヤバいですね。
通帳には50万円以下しかありません。
物件も借りれるかどうかってか、今のままだと借りられないでしょうね。
『それがどないしたんや?こじんまりとした形で始めるんなら、銀行なり信金なり知人なりに借りればええねん』
って言われれば、その通りでございます。
あと2時間以内に8000万円借りて送金しないと死ぬような状況に追い込まれた村西とおるに比べれば、僕の状況なんて天国同然です。
甘えたことなんて言ってる場合じゃありません。
本当のどん底に落ちた人に比べれば、僕の状況はちょろいもんです。
【2】ってか、ガスの配置とかってどうすればええねん?
形態は少し違いますが、小麦の奴隷生配信や他の農家さんのやり方を聞いたり見たりすると、何となくどんな形でやれば良いのかイメージ出来ます。
ただ、高温加熱が鍵となる事業なので、ガスの配線やら配置やらが、正直わかんないです。
まぁ、以下のやり方しかないんだと思いますが。
・リンナイなどガス会社に相談
・実際にやったことある人に相談
以上。

みているものが違う?

和歌山の規格外や陳列すらされない野菜フルーツの加工場を探そうとしたり、出張エンタメBBQをしています。

【1】メルカリ理論

僕の実家も田舎な方でしたので、よく考えると田舎の人程安物ばかり見る人は多いんですよね。

ちょっと高めだけど、新しいものを気にかけようとする人はあまり居ません。

例えば、地元の大分空港やそこから車で10分ぐらい先にある国東市というレストランが出している、酒粕プリン。

僕もちょうど去年の今頃でしょうか、国東市へ何度も足を運ぶ機会があって何回か酒粕プリンを食べました。

一個確か税込400円ぐらいとプリンにしては高い方です。

しかしながら、口に入れた瞬間に広がる甘酒っぽい香りが何より衝撃的でうまい。

お土産として買って実家に持って帰ると、家族からは

『こんな高いプリンは買えん!』

そう突っぱねるのは良いけど、流石に毎日買う訳じゃないし、プリンという固定観念から抜け出せないとこうなるんだろうか。

ちなみに、国東市に酒蔵があってそこで出る酒粕を使って作っているそうです。

確かに高いですが、それを上回るおいしさと何より情報がありますね。

これは僕の妄想ですけど、酒蔵さんがお酒を作っておりその余りものを活用して酒粕プリンを作っている背景があるんでしょう。

考えてみると、僕がやろうとしている規格外や廃棄行き野菜やフルーツの加工と似たような感じかもしれませんね。

大阪や東京に住んでると珍しいものが意外と田舎では当たり前にあるって風習もあるので、大阪や東京の方へ強くターゲッティングした方が良いですね。

一応、和歌山の知り合いの方にも頼んでおりますが、自分でもまた営業かけていきます。

【2】カレーペースト野原価が高い…のか?

ざっくりと現段階では、スーパーなどで少量ですが購入して作っているものが大半です。

玉ねぎは規格外ですが、こちらもグラフの値段調整していきます。

まぁ行く行くは、ロット買いしてカレーペーストなどを作って行く予定ですが。

グラフ的に占有割合が多いのが、

・コンソメ→17%

・コリアンダー→17%

・カレー粉→17%

これら3点でしょうね。

ってか、全部合わせたら約50%も占有されているので、何とか原価を抑えたいところですね。

幸いにも、カレーペーストを高評価してくれたカフェのオーナーさんから、スパイス関連を安く大量に仕入れてくれるお店を教えてもらったので、こちらを活用しようと思います。

こう計算してみると面白く感じるのが、なんか皮肉に感じますね。

僕は、数学!と聞くと教科書や問題集を破り捨てるかの如く、ガチで嫌な科目の人間なのですが、好きなゲームとかで見る数字はめちゃくちゃ計算するの楽しくなります。

格ゲーでは、このキャラ使ってる相手はめちゃ強い技を中間距離では50%で打ってくる確率が多いので、それに対応する技なり直ガなり意識してこっちのペースに巻き込ませるようなことを考えるのも好きですね。

なんでや…?

物を売るのは大変

和歌山で規格外やお店に陳列すらされない野菜やフルーツの加工場を作ろうとしたり、出張エンタメBBQをしている首藤です。


なんやかんやで、もう夏の象徴とも言える入道雲がハッキリ見えるど田舎の和歌山です。


僕はこの入道雲をボケーっと見るのが大好きです。


こう考えると都会で生きるのは向いてないのかもしれないですが。


東京や大阪では入道雲見れるんかなぁ?


【1】2〜3人規模or10人程の加工場?


ここ数日あちこちどこで加工場を作るかを実際に見ながら素人ながら考えてます。


ふと、ホリエモン式で考えてみました。


『小さなチャレンジと小さな成功体験を積み重ねながらランクアップしていくのが大事』


と書籍ゼロにも書かれてありました。

https://amzn.to/364kj86

ここで加工場として動くまでのポイントを整理


・そこら辺の畑に転がってる玉ねぎでカレーペーストとカレー作りチャレンジ→普通に作れた
・実際に食べてみるチャレンジ→正規品と変わらない
・他の人にも食べさせてみるチャレンジ→めちゃおいしい感動した
・じゃあカフェのオーナーはどう反応するかチャレンジ→シンプルで完成されたクオリティ買いたい(安すぎだけど)


ざっとこんな感じで、素人なりに少しずつ段階を重ねながら小さいチャレンジを積み重ねていってます。


まぁここで素人という保険ワードを出してる時点で、ポジティブシンキングな人にはダメ出しされそうな気がしますが。


カフェのオーナーも認める程のクオリティなので、物件を構えて事業化したいところ。


が、いきなり10人も雇ったりそもそも10人も求人来るのかわかんないし、まずは少人数2〜3人あたりから始めるのが小さなチャレンジなのではないだろうか。


まぁ、さすがに物件構えた周辺の主婦とか100人ナンパすれば、2〜3人は来るでしょう。


って高評価を出してくれたカフェのオーナーもそう言ってました。


そっちの方が手も足も頭もスッキリ思い通りに動かしやすい方です、どちらかと言うと。

【2】地元のデザイナーにデザイン頼んだ


本当はココナラとかで頼んだ方がクオリティが高いのが出来上がるかもしれませんが、あえて地元食材ということに着目しているので、近所の方の知り合いに依頼しました。


以下のポイントを付けてデザインの方をお願いしました。


・紀の川市やかつらぎ町の農作物を支える紀の川
・普段は枯れそうな川だが大雨台風では一気に荒波になる
・そんな大変化の環境で育つ野菜フルーツ


どんなのが出来上がるのかが楽しみです。

【3】クラファン営業


僕自身のクラファンじゃないですが、実際クラファン支援する様にお願いするのがどんなに大変なのかやってみました。


特に大変と感じられるのは以下の通り。


・無視
・お金がないから無理
・必要ないから無理(想定内)
・今すぐ決められないから無理(想定内)


大体こんな感じのタイプに突き当たりますね。


村西とおるの本の通り、事前に断られる返答に対して入念に対策構文を2時間程練ってました。


そんな対策構文を考えた後に見る、夏の入道雲は綺麗でした。
まぁ大体断り文句は決まってますね。


ただ、無視されるのも想定内でしたが、1000円以下のリターンでもお金がないという場合は想定外でした。
そこは、支援者数という数字が少しでも上がることで応援出来るとしか言えませんでしたが。


野球という女子が嫌いなコンテンツぶっちぎりワードな為か、結構敬遠されるのもなぁ。

お店でも規格外カレーは通用する

規格外やお店に陳列出来ない玉ねぎや野菜フルーツを使って加工場も作ろうとしたり、出張エンタメBBQをしている首藤です。

一応現段階では、声かけてくれたら規格外などの野菜を分けてくれる農家さんは見つかってます。

が、実際に作ったカレーペーストなどを喫茶店などが取り扱ってくれるかどうかが懸念です。

今日、ひたすらSNSで喫茶店っぽいところへ営業かけまくって、ようやくサンプルが気になるというお話までこぎつけてサンプルのカレーペーストを渡しました。

すると、かなりの高評価を頂き安定供給までもないけど、ウチで取り扱いたいとのメールが来ました。

確かに良い反応でしたが、ただ、お店側が出した金額がこちらの労力とマッチしないんですよね。

お店も安く仕入れて高く売るというのが基本ですから、仕方ないかもしれないです。

僕自身も同じことやってますし。

まぁ、めちゃ気に入ってくれたのは嬉しいですね!

値段については営業次第で展開しますし。

問題は、物件探しと人探しですね。

結局はパン屋さん次第?

和歌山の規格外の野菜やフルーツを加工する事業やろうとしたり、和歌山県紀の川市近辺の町の庭先やキャンプ場へ出張エンタメBBQをしている、首藤です。


ちょっと寝っ転がりながら記事書こうとしたら寝落ちしました。


大阪の宿泊先で朝からコーヒー飲みながら記事書くのも、清々しく書けて良いですね。


雨降ってるのは残念ですが。


【1】失敗しやすい加工品


・ジャム
・ジェラート
・ドレッシング


いずれも失敗しやすい野菜やフルーツの加工品のようです。


確かに道の駅などに行くと、必ずと言っていい程大量の種類がありますね。


あと和歌山ならではの梅干しもあまりに多いですね。


ジェラートはなんでもジェラートに出来るそうですね。


これ知らなかったんですけど、別に鯛の身や骨をミキサーで木っ端微塵にして鯛ジェラートにすることも出来るようですね。


僕の場合、まず規格外玉ねぎなどを使ったカレーペーストに目をつけてて、カレーペーストなんて道の駅ではほとんど見かけないのでこれはイケそうな気がします。


売り方次第もあると思いますし、出来ることから手をつけていくべきかもしれないですね。

【2】色々聞いてみた


ただ、自家製カレーの場合とろみが少なくすぐ液状化してしまい、パン生地からカレーが突き破ってしまう場合が多いです。


どうすれば良いのかわかんかったので、パン作りコミュニティに聞くと


・カレーを煮詰める
・冷凍してから詰める
・乗せる量を減らす


など、パン屋などの課題になりそうですね。


少し肩の荷が下りた気がします。

【3】職人気質の人は今の時代厳しい


今始まった話でもないんですけど、50年前ではただモノ作ったら勝手に売れる時代でしたが、スマホ時代の現代では通用しなくなりました。


それこそクオリティが高すぎるモノ作りに拘りまくった人ほど、実際にどうやって売れば良いのか悩む時代ですね。


僕自身、比較的職人気質な方なので、どうやって売れば良いのか今でも何とも言えない感じです。


そもそも、それなりにクオリティが高いモノを作ろうと思ったら、ブログやYouTubeに動画付きで解説されているコンテンツがゴロゴロと転がってるわけです。


なので、作ろうと思ったら誰でも作れます。


ただ、どうやって売れば良いのかがわからないと言う壁が立ちはだかります。


僕自身も模索中ですが、村西とおるや他の方の本読んで以下の事しか思い浮かびません。


・知り合いに声かける
・ネット上で対象としている方に、片っ端から声かけたり電話かける
・熱意を見せつける演出をする


大体こんな感じです。


知り合いなら商品を買ってくれる確率が高めですが、初対面の方に声かけても90%断られたり無視されますね。


おまけに反応あっても断られる確率はかなり高いので、それも覚悟しないといけないですね。


ただ、断られるってことは、少し商品に興味あるのでどんな断り方を相手がしてくるのかを予想し、その応対をしたら買ってくれる確率も上がるかもしれないですね。


まぁ、僕自身もなんか魅力的な商品を勧められて断るけど、その商品が欲しいと言う欲求ありますからね。


断られてからが勝負で、そもそもすんなり契約の印鑑などを押してくれることには要注意した方が良いです。


って、村西とおるの本に書いてありました。


ずっと製鉄所でベルトコンベアの部品取り替えたりとか点検ばっかしてたけど、自分達で作ったモノをどうやって売るかまでやったことも考えたこともなかったですね。


それは別部署の奴に任せれば良いって放り投げる感じでしたが、ずっと製鉄所で働くとこういう経験は出来なかったんだろうなと今ならわかります。

職人気質

ここ数日何人かの農家さんと実際に会ったりzoomでお話したりしました。


ざっと殴り書きですが、感じたことを書いていきます。


【1】とにかく正規品をJAへ…
正規品を作りまくってJAへ納品すること前提の農家さん、特に高齢者の方々が多い。


基本的に農作物の取引は現金で行われることが多い。


それにJAに納品してしまえば、即現金で引き取ってくれるそうですし、何よりあとはJAで各小売店まで手配してくれますので、そりゃ便利です。


ただ、多数の仲介業者が入り込むので、多額のマージン料が取られてしまいますが。


田舎は何より現金主義なので、余程市役所がキャッシュレス決済促進でもしない限り、現金取引から脱せないかもしれないです。


仮に飲食店や喫茶店などと取引するとしたら、カード決済などでお金が自分のところから出たり入ったりする流れの速さが遅くなりがちになる可能性もありますからね。


そうなると、JAへ大量の正規品を作ることばかり考える農家さんが出てしまうのも当然かもしれません。


大量の正規品を作るために、大量の畑を所有し、ドンドン正規品を作らないと利益も上がらないでしょう。


他の規格外やお店に陳列すら出来ないけど食べられる商品の販路などは、二の次だったりそのまま畑の中に捨てたりするのも多いです。


ただ、JAのところへ納品したら新しい農機具のお金を借りたりするメリットはありますが、JAやその他仲介業者の為に農作物を作ってるわけではないのですがね。


と言っても、JAの農業部門自体利益出ているわけではなく、大黒柱となってるのがイオン同様金融部門ですね。


【2】JA以外と取引すれば良いんじゃね?
泉佐野市か貝塚市にあるイチゴ農家さんは、ケーキ屋さんにジャムを作ってもらうよう取引しているところもあります。


自分達で規格外や廃棄行きの農作物を加工する農家さんも多いですが、やはり加工するのに困ってる農家さんが多いのも事実です。


ただ、飲食店同様に職人気質の塊である農家さんも、JA以外と営業活動自体したことない人も多いです。


まぁ50年前なら一件一件実際に車で移動しまくりで営業するのも辛い時代なのはわかるのですが、スマホ時代の現代では家に篭ってでも一件一件営業することは出来ます。


売り上げに困っててお得意様が居る状況なら、スマホで一通メールなりLINEなりを送るのも簡単な時代です。


ただ、JAから外れたルートで取引すると村八分されるかもしれないという話もありますね。


【3】規格外のお店に言っても値下げ合戦
これも堀江さんの本にも書いてありましたが、自分が作った商品を値下げしても自分独自のブランドはつかない。


それによくあるスーパーでの値下げ合戦が、やはり規格外のお店にもあります。


ただでさえ、マージン料もメルカリより多い上、値下げしまくったら作ってる側としては自信も失くしがちになります。


宣伝程度で出すのなら良いのですが、規格外はとりあえず全部店に放り込めば良いって考えだと、僕が生産者なら嫌になりますね。


なので、本当は農家さん独自のルートでレストランや喫茶店などと直接取引すべきなんでしょうね。


レストラン側も本当に学ぶべきは、農家さんがどんなストーリーで野菜などを作っていたりとか、他のレストランではこんな面白い売り方をしているとかをすべきなんでしょうけど。

営業メールDM

廃棄行きや規格外野菜とかフルーツを加工するに当たって、農家さんには良い反応があるので良いのですが、問題は加工品を下ろしてくれる店舗があるかどうかも気がかりです。

和歌山市内の無料経営相談してくれる方のアドバイス通り、店舗側のニーズがあるかどうかと同時に、加工を一緒のやってくれる人を募集する切り口にもなるらしいです。

そりゃあ、誰も欲しがらない商品作りを一緒にやるって人は余程のバカなんですけど、是非とも欲しい限りです。

と、そんなこと考えても仕方ないので、いつも通りまず近所周辺もカフェに片っ端からコピペメールやメッセージを送りました。

まぁ送ったと言っても、20店舗程でしょうかね。

個人的には少ないなぁって感じてます。

言うまでもないですが、やっと1通返信来たと思ったら、お断りのメールが来るのは当たり前ですね。

そんなメールに落ち込んだりしていたりずっと家に篭ってメールやDM打ちまくったら、流石に疲れるので近所の打ちっぱなしゴルフ場のカフェにくつろぐついでに営業しに行きました。

僕はゴルフの知識も経験もゼロに等しいので、正直ゴルフはわかりません。

その上、右肩が壊れているので、スイングなんて出来ません。

そんなアホみたいなノリでゴルフ場のカフェでコーヒーをとりあえず頼んでタイミングを図りつつ適当に従業員さんやお客さんに話してました。

一応規格外や廃棄行き玉ねぎのカレーペーストを使ったカレーに興味あるか的なことを話して営業かけてみました。

よく言われてるのかどうかまではわかりませんが、そこの打ちっぱなしゴルフ場のカフェでもカレーを出してますが、近所で取れた玉ねぎを使った自家製カレーを出しているようです。

もしかしたら、決まり文句としてそう答えたのかもしれません。

ただ、個人的にはもう少ししつこく粘った方が良かった感がありますね。

よくある断られる反応として以下の5つがあります。

・高いから要らない

・同じものを持ってるから要らない

・お金がないから要らない

・必要ないから要らない

・今すぐ決められないから要らない

僕も大体この5つで断ってるのが多いです。

こう断られたら、どうしようと考えとかないとニッチもさっちもいかないでしょう。

まぁ今回同じものを持ってるから要らないに当てはまるんですが、そりゃ全く同じカレーを作ってるわけじゃないですからね。

僕のカレーペースト使っても良いですし、クックパッド見ながらでも別物のカレーが出来ますし。

味云々に至ってはそうなるんですが、この人のカレー皿を差し出す仕方が独特とかそっちの方が面白いんじゃないかなって最近感じます。

出来ることからやってみる

規格外や廃棄行き野菜やフルーツの加工場を作るべく、インスタで片っ端から近所の農家さんに声をかけてみた結果、今週何人かと話す機会を得ました。


残念ながら、出張エンタメBBQより、何故かこっちの反応は良いんですよね。


農家さんみんな困ってることみたいですし。


まぁ、照寿司さんほどのエンタメの塊じゃないですが、ど田舎の方々が高額支払えるのかどうか微妙ですからね。


で、話した結果、とりあえず欲しいB級品があれば事前に言ってくれると現金取引して良いよとのことです。


僕はあまりネットワークだの人脈だのと小難しい言葉は好きではないのですが、何か自分が好きなことややりたいことや没頭していることがあれば、他の人に働きかけることで自然と広がって行くんじゃないかなと思います。


なんか今回あちこち近所で動いてみて実感してきた気がします。


▼他に気になること(うろ覚え)
・トマトなど規格外廃棄30kg/1日
・主に直売所や飲食店に直接取引している
・直売所15%〜20%マージン料
・農家産地直送のお店で加工品の場合30%マージン料
・規格外などは野菜チップスなどで加工依頼している
・基本は現金で取引
・年中いろんな野菜や果物を育てている


ちなみにいきなり初対面で本題入るとどうしても緊張してしまうので、いわゆるアイスブレイクのような感じで適当な雑談を5分ぐらい話したら、スッと本題を話しやすかったですね。


これも営業というやつなんでしょうね。


今まで10年間製鉄所でひたすら現場仕事ばかりしていましたが、自分の好きなことを自らしていくのが良い経験につながるんでしょうね。


んで、農家さん1人見つけたは良いけど、カレーペーストなどの卸先の候補も見つけないといけないんですよね。


そちらは、25日の夜にzoomでお話するアポは取ってます。

どうやってカレーをPRするか

規格外玉ねぎを使ったうまいカレーを作れるのは良いですが、問題はどうやって気になる農家さんやカフェや飲食店に持って行くか?


カレー自体は胃もたれしにくく優しい味がしてまた食べたくなるという評価を受けてます。


【1】カレーライス形式
これを真っ先に思い浮かんだのですが、何か溢れそうな感じがするしゴミも発生するのもデメリットなんですよね。


おまけに冷えたらどうやって温めるかとかも考えないといけないですし。


まぁ電子レンジで温めれば良いだけなんですがね。


【2】カレーペーストを冷凍した容器だけ
これもすぐ思いついたのですが、わざわざ解凍してそれからカレーを作るのも少々気が引けるというか、自分が逆の立場に立つとあまり良い気分はしないかもしれないですね。


それなら、カレーライスを持って行く方がまだマシな気がします。


【3】カレーパン
最終的にこちらを採用することにしました。


パンのメリットとしては以下が挙げられますね。


・お手軽な持ち運びが可能
・ゴミも発生しにくい
・半分こにも出来る


【4】カレーパンで営業するに当たって
テイクアウト大前提なパンの為、100均でも良いのでとりあえず簡単な手提げ袋が必要ですね。


やはりそう言った袋が有りと無しとでは、その瞬間での対応も変わってくるでしょう。