汚部屋掃除

和歌山のど田舎から2泊3日で東京に来てます。

この記事を書いている日の午後には和歌山へ帰りますが、とても有意義のある時間を過ごせて良かったです。

【1】汚部屋を掃除しに来た

事前に汚部屋の画像を見て汚いという情報は得ていましたが、実際に来てみると想像以上でした。

【2】掃除すると面白いものも見つかる

汚部屋を掃除してみると、色々なものが出て来るのはよくあります。

その中の一つとして、その家主さんとはたまに文通を交わす程なのですが、意外なところから僕が送った封蝋付きのお手紙が出てきました。

ドレッサーの隅に書類の下敷きになっていて、何故か宝物を発見した感じでした笑

家主が忙しいのは百も承知だったので、この方らしさが出てて良かったです笑

まぁ何より捨てずに取っていたという情報を得れて、久しぶりに喜びの感情が湧き上がりました。

【3】汚部屋を掃除するとその人の考え方もわかる

汚部屋を掃除する前に数々の本が置かれていました。

話術・マーケティング戦略・人との接し方・恋愛などなど、数々のジャンルの本がありました。

本を読む方とチラッと思い出しました。

僕も本を読む方ではあるのですが、大半はホリエモン関連や村西とおるが多いですね。

数々の偉人達も読書家が多い傾向でもありますので、気になるジャンルやタイトルの本を読んでみたくなる意欲も出てきましたね笑

チラリと立ち読みしていたら、読みたくなる意欲は湧いていましたが、本来の目的である汚部屋掃除に専念。

【4】性格もわかる?

前々から知ってはいましたが、家主の方は非常にマメな方。

知り合った方のありとあらゆる性格や好きなものとかの情報を細かく書かれたノートなども出てきました。

ここまでマメな人も見たことありませんし、正直尊敬する程です。

僕もここ数ヶ月前から他の人がやりたがらない自分に出来る何かはないものかと探した結果、

・お手紙をメルカリ購入者様に商品と一緒に添える

・出張オシャレBBQ営業メールのDM

・インスタやTwitterでフォローしてくれてる方々にメンション

など。

これらをひたすらやり続けた結果、先月2件予約取れただけですが。

中にはリアルで初めて何の接点もない方にふと会うと、

『ウチの整骨院のインスタにメンションしてくれた人や』

って唐突に言われる程、意外と効果はありますね。

これがすごいのかどうかは微妙な感じはしますが、それでも0→1へと繋がった瞬間は、やはり嬉しいものですね。

知り合った方の情報をまとめるのも、とりあえずやってみようと思います。

というか、彼女欲しさにナンパで知り合った女子の情報をノートにまとめた事はありました。

例えば、

・メガネ

・20代半ば

・会社員SE

・おしとやか

・マンガが好き

とか色々書き込んだ時が僕にもありました。

まぁ特にそれが彼女出来たという実が実る事はありませんでしたが、情報を整理しておくと意外と楽しかった思い出もありました。

失敗してきた?

最近、どんなに小さなことでも良いけど、あんまり失敗してきてないなぁって実感してます。

多分、自分自身では失敗と認識していないかもしれないけど、他の人から見たら

『失敗しとるやんけ』

と言われるかもしれませんが。

とはいえ、流石にあまりにも大きすぎる失敗するのもどうかと思うので。

【1】失敗しない=成長していない

何の変哲もない失敗すらしていない日常を繰り返していくと、何の情報や体験も獲得出来ません。

僕も去年まで会社員を約10年間続けてましたが、毎月変わらない給料を餌に無茶な仕事をしてきました。

【2】成功という餌を求めに行っても…?

何らかの安心やら保証があってようやく動くって人も多く居るけど、それが無くなったら一気に崩れ去る証明にもなりかねないです。

コロナ禍の中、危篤状態に遭っている自分の親の所へ帰ろうと思っても、会社が許してくれないという方々も多いでしょう。

僕の兄がまさにそうです。

実家に帰りたいけど、上司やらお客さんからコロナを持って帰って来たらクビにすると恐喝のようなこと言われたのでしょう。

ちなみに、失敗しなかったキャラの代表例として、今話題のベルセルクに出て来るミッドランド王です。

敵国と戦争状態に突入して100年、彼はあまりに自分の娘である王女を溺愛していました。

それも王女と近親相姦したい程に。

ただ、それすら出来ずに従来通りの生き方をしていました。

その間、当然ですが大量の死体が積み上がっていきました。

そもそも、敵国と終戦または休戦に持ち込むのに手っ取り早い手段として、王女を敵国に差し出すことが上げられます。

ただ、ミッドランド王はそれが出来ませんでした。

何故なら、ミッドランド王にとって1番のリスクや失敗とも言える王女を失うことだからです。

まぁ、結局戦争を終わらせることが出来たのは、鷹の団のおかげなんですがね。

ミッドランド王が王女に手を出したのは、鷹の団団長グリフィスが王女をレイプし、グリフィスから失敗しなかったに過ぎないと煽られた後からです。

モタモタしている間に先を奪われてしまい、本当にやりたかったことも出来ずに過ごすのはやはり辛いものです。

【3】小さなことの失敗をしていこう

冒頭でも書いてますが、いきなり大きな失敗をしていくのではなく、小さな小さな失敗を積み重ねていって成功していきます。

ってこう書いてますが、僕自身も最近小さな失敗をしていないなと感じてます。

せいぜい、玉ねぎ農家のバイトやってるけど、筋肉痛やら飽きるやら玉ねぎの状態の仕分け困難とか、しょうもない失敗ぐらいしかないです。

あとは、出張オシャレBBQの営業DMでいきなりサービス買えって送ると、相手の方が不機嫌になる失敗を得たぐらいですかね。

まぁ、ここもテコ入れしながら貢献するノリで変えていこうと思います。

公式LINEアカウント作りました

リストマーケティングなるものが、商売やらビジネスをやる上で必要らしいので、とりあえず出張オシャレBBQや遊戯王メルカリ用のLINE公式アカウント作りました。

オシャレBBQ用


遊戯王メルカリ用

まぁ、どうやって運用して行くのかが問題ですが。

【1】江戸時代の御先祖様は顧客台帳を死守



仮に家が焼けたり吹き飛ばされても再起する為に必要なのが、顧客台帳。


顧客台帳とは、顧客にまつわる情報源。


んで、顧客情報を現代風にカッコいい言い方で変換すると、リストマーケティングと言うらしいです。

なので、江戸時代の御先祖様は、家が焼けても何がなんでも顧客台帳を死守していました。


それさえあれば、全く同じ仕事または近い業種の仕事なら再起出来ます。


まぁ、今や顧客管理はクラウド管理出来るツールが簡単に手に入るので、便利です。

【2】どうやって集めんの?



はい、ここが問題です。


・TwitterやInstagramなどのSNS
・直接聞く


まだまだありそうな気がするけど、ざっと思いついたのがこんな感じです。


そこから普段使いまくってるアプリでもあるLINE野中にあるオープンチャットLINE公式アカウントへ誘導。


他のアプリだと、そもそもインストールするだけでもめんどくさいので、唯一神へ命を捧げる程の狂信者じゃない限り入らないです、はい。

【3】顧客情報は売れる?



たまにTwitterで見かけるのですが、顧客情報を自動的に売ることを生業としている方も居ます。


ただ、極めてグレーゾーンに近いですし、めんどくさそうなことに巻き込まれたくないです。


とは言え、正常な人間の肉体情報を金出してでも欲しいと言うお医者さん達は星の数ほど居るのも事実です。


何しろ、人間を治すプロのお医者さんですら、未だに人間の健康の定義を見出してないのですから。

【4】とにかくやりながら覚える



まぁ、これに尽きますね。


やること多すぎる格ゲーでさえ、最初は3種類ぐらいの強い技をどうやって当てに行くかだけを考えたら、それなりに勝てることと同様です。


一気にやろうとしたり覚えようとすると、頭の中がゴチャゴチャになって嫌になります。


そもそも、1キャラで出来る動きが50個もあって一気に覚えようとしても、いくら好きなゲームやキャラでも嫌になります。

リストマーケティングも同様に、実際にやりながらとか調べながら随時やって行くと意外と楽しくなるかもですね。

雨の日のオシャレBBQ

午前中で玉ねぎ収穫のバイトが終わったので、カカッと竹房橋の下の方でトマトを使ったBBQをしました。


まぁ、昼から雨が降るからってことで、中止になっただけですが。


僕は元々トマトは嫌いな方です。


もちろん塩トマトと言った、普通のトマトより遥かに甘味があるトマトとかはおいしいのですが、普通のトマトは酸っぱくてあまり好きではありません。


とは言え、トマトの特性をしっかり把握すると塩トマトに匹敵するぐらい甘くなっておいしくなります。


まぁ、単純にトマトに熱を加えるだけで甘くなります。


これは、トマトの中に含まれているグルタミン酸といううまみ成分が、加熱されると増加されるという仕組みを持っています。


また、丸焼きや煮ることでも同様の結果を得られます。


これには、ジワジワと温度を上げていくことで上記のグルタミン酸が増加しやすい環境となるからです。
ただ、中途半端に炒めてしまうと、やはり酸っぱくなるだけです。


と、今回はトマトだけが目玉ではなく、一応鶏肉がメインです。


それもダッチオーブンでジックリとトマト缶の中身と一緒に約1時間程煮込んでいくことで、とても甘くトマト自体も鶏肉も甘く柔らかくなります。


まるで、骨から綺麗に外れるスペアリブと同じような感覚に近い程、とてもホロホロに柔らかくなっておいしいです🤗

手紙で新規獲得?

手紙を出してなんだかんだで1ヶ月経過している程、習慣化されております。


そんなこんなでオフラインで営業する時、門前払いされるのが多いので手紙を出してみたらどうなのだろうかと思い、近所の学校関連に手紙を出してみました。


まぁ、どこの馬の骨ともわからない人がいきなり押し寄せて来たら、そりゃ帰れって言いたくなります。

【1】何書くか



そもそも何書くか明確には決めずに、とりあえず新しい試みとして行動してます。


なので、こう書いたらウケるとかあまり考えておらず、自分が知っている複数の情報の内一つを書いてます。


例えば、学生時代の実体験とか悩みとかですかね。
それから先とか他知りたい事があったら連絡してねと言う感じの匂わせを書いてますね。


まぁこれが合ってるかどうかわかりませんが。

【2】あまりアドバイスとか書かない



これはモテるテクニックの一つでもあるのですが、あまりアドバイスとかは書いてないです。


聞かれて答える分では相手は欲しくてたまらないと言う心理を持っているので、その時はアドバイスとかしますけど。


ただ、アドバイスを求められていない状況下でアドバイスしてしまうと、あまり良い気分はしません。


大トロの寿司が欲しくてたまらないけど玉子の寿司を渡された、そんな感じです。

まぁ、いらねーよ玉子の寿司なんてよってなりますよね。

【3】とにかく出来そうな事をやってみるしかない



そもそも、無料で自分で出来る事やってABテストと言うか白黒テストのような物をやるしかないです。


スマホ時代のご時世で手紙を貰ったり書いたりする現象なんて、滅多にないですからね。


おまけに封蝋なんてオシャレな物すら見た事ないって人も多いのも事実ですし。


商品を作るのは簡単ですけどそれを広める事がいかに難しいかが、自営業やると身に染みる程実感します。

手紙を書く習慣

【1】最低1通/1日の手紙


ダッチオーブンとは直接関係ありませんが、僕は少なくとも手紙を1通/1日書いております。


知り合いや家族やちょっと気になる方などに出しております。


今日この記事を書いてる日も手紙を1通出しました。

【2】習慣づけるには…?



それをしないと気が済まない様にする状況下に持っていく事。


まぁ手紙に限った話じゃないですが、プログラミングやゲームやブログでも、好きな物やコンテンツを毎日一定数こなさないと気が済まないって人が多いと思われます。


それを愚直に続けるか他の好きな事を探してハマるかになります。

【3】例え手紙に反応がなくとも…



まぁ、同じ人に連続で何通も出すわけではないので、手紙を出す相手はほぼバラバラですね。


たまに電話で手紙もらったとか言ってくる人はいますが、スマホ大前提の時代で手紙をもらって嬉しくない人は居ません。


自分が手紙を出す相手に抱いているポジティブな感情を手紙に載せて送りましょう。


あ、有名人には送っても仕方ないですしそもそも読まれない事も多いです。

継続こそが大事

【1】鯛が余っとるで

ダッチオーブンやBBQではありませんが、立派な鯛が余ってたので、トマト風アクアパッツァを作ってみました。

トマト風アクアパッツァ

あっさりした感じのアクアパッツァで、老若男女誰でも好きになる味でおいしかったですね🤗

個人的には、カルトッチョにした方がおいしかったかな笑

【2】家ならパン作りの方が面白いかも…

でも家で作ってると結構感じるけど、たまにパン作るとめちゃめちゃ楽しかったりするんですよね。

2年ぐらい前に長野県のど田舎の村に居る知り合いの方にシュトーレン作って郵送したら、結構気に入ってくれましたね。

シュトーレン途中までの画像しかありませんでした

まぁ、クリスマス用に作られたパンなので多少常温に晒されても大丈夫ですがね。

【3】継続しないと偉い人の目にすら入らない

そして、先日ホリエモンのアイドル動画を少し視聴して、やはり大事なのは何をやるにしても誰にでも出来る事を継続するか事ですね。

下手くそな動画や画像でも良いから、とにかく数が大事。

そうでもしないと、自分を広めてくれる人の目にすら入らないから。

和歌山市・紀の川市・岩出市・かつらぎ町・岸和田市・和泉市・泉佐野市などの方々のお庭やキャンプ場に出張し、オシャレで面白い料理を目の前で楽しくお話しながら作って提供致しますので、ご予約お待ちしております。

ダッチオーブン失敗談は10%でも良いのでSNSに上げておく

和歌山県紀の川市各地キャンプ場やお庭へ出張ダッチオーブンを調理してサービスするダッチオーブン王ことLIKEAFOOLの鉄平です。

失敗談を全体の10%でも良いので、SNSやブログに投稿する事で、自分はチャレンジ精神を持っている事をファンの方々に表明します。

何故なら多少の失敗をしても、成功へと繋がる道を回収する行動こそが失敗でもあります。

例えば、僕の場合、自家製生地を使ったピザを焼いたのですが、生地の底を焦がしてしまいました。

底が焦げた自家製ピザ

しかしながら、ダッチオーブン内の温度が高すぎた事を認識し、今度は少しダッチオーブン内の温度を下げて再度自家製ピザを焼いてみました。

すると、見事に焼けており、生地の底も焦げておらず成功でした。

良い感じに焼けた自家製ピザ

と、このようにちょっと失敗しても大丈夫と言う姿勢を、僕達大人が示しとかないと、若い人達はパクる事すらしません。

また、多くの方々は失敗してはいけないと保守的な姿勢を持っています。

失敗してしまったら、家族や友人に迷惑がかかると昔から言われており、安全だけどあまり成長しないルートを選んでしまいがちになります。

ここまで読んで頂きありがとうございました!

和歌山市・岩出市・紀の川市・泉佐野市・和泉市・岸和田市・大阪市などの方々のキャンプ場やお庭へのご予約も随時受け付けておりますので、よろしくお願いします!