お金のことを省いたら

お金のことを省くと妄想が捗るなぁって、タイトル画像を撮りながら考えてました。


・廃棄行きや規格外玉ねぎのカレーペースト化
・各フルーツも同様にジャムやコンフィチュール
・ただ商品を売るだけでは面白くないので、レシピもおまけで
・パンの中に入れ込むことで運搬性や実用性を強調
・パンだけでなく実際にカレーなど作ることも視野に入れてる


ただ、いずれも初期投資などのお金がかかることは間違いないです。


とは言え、お金とはあくまでやりたいことを達成する為の手段でしかないので、まぁ出資者の方にアピールしてOKもらえたら幸いです。


ここでこう考えても仕方ないのですが、僕は34歳と現代では若い方なので、失敗してもリカバリーは効きます。


仮にリカバリー出来なくても、せいぜい『0』になるだけでなく、普通のサラリーマンが経験することないことを経験出来た実績も詰めますし。


世の中には75歳ぐらいのじいちゃんだって心臓に穴が空いても好きなことやってるんですし。


なんだかそう考えると、どんなに惨めな思いをしても踏ん張れると感じますね。


そういえば、ちょうど去年大分空港がある大分県国東市というど田舎でパン屋を開く為の補助金をもらう段取りを進めてました。


その時も、まぁ家で作ったパンを披露したりと、商工会の方々には気に入られてましたね。


ただ、ほっとくとヤバい病気のかかって断念してしまいましたが。


今は無事に治ってますが。


ちなみに今日は和歌山市の事業相談の方とアポ取ったり、知り合いのジャム作ってる方に会ったりしてました。


明日は、近所のパン屋のバイトに応募したり、土日限定でオープンしている知り合いの農家のお店に行きます。


そろそろ、物件探しもした方が良いですね。

とりあえず情報探し

大阪府南部〜和歌山北部まで、観光協会とかづてでフルーツ農家がジャム作りをやっているところを探して回ってました。


まぁ、色々回ってたら工場のような大規模な設備は持っておらず、農家さん達の店舗にあるこじんまりとした設備内で鍋を使って作ってるようですね。


とは言え、詳しい設備の情報までは聞き出せてないので、もう少し情報を集めたいところですね。


とりあえず、起業相談のサービスもあるので、ここにも回ってみます。


http://www.city.wakayama.wakayama.jp/kurashi/kourei_kaigo/1001098/1001657.html


うーん、保健所に問い合わせるのも良いかなぁ。


まぁ1番手っ取り早いのは、ジャムとかカレーペーストとか大量に作ったことある人と一緒になるのが、良いんでしょうけどね。


ってか、隣のばあちゃんからメークインの芋をそれなりにもらったので、どう使おうかなと迷ってました。


芋の甘露煮っぽいのを作ると、何かとパンもフィリングと言ったカレーパンなどの中身に使えます。


本当はサツマイモが良いんですけどね。


んで、バターと塩とかを混ぜるとめちゃくちゃおいしくなります。


カレーパンだけじゃなくてアンパンの中身を芋の甘露煮と入れ替えるのも、全然ありですね。

いやならやめてもいいんじゃぞ

右足首を捻挫して、オシャレBBQしたり営業したり捨てられる玉ねぎをカレーペースト化したりと、まぁ好きなことばかりやってます。

『仕事せぇや(自分の時間を売れ)』

と突っ込まれるのも致し方ありません。

ただ、玉ねぎ収穫のバイトを終えた後は、何もしたくない程めちゃくちゃヘトヘトです。

前働いていた製鉄所でも疲れたり汚れまくるのは当たり前でしたが、一応風呂付きでしたので、たまに疲れたり汚れまくったりした時は風呂入って帰って多少スッキリしてました。

特に例のガンダム試作2号機ごっこの後ですね。

生活の為と言いながら、僕を含め他のメンバー達もイヤイヤ言いながら仕事してました。

そう言えばまだ20歳にすら達してない若い子も、生活の為に仕事してると言っててヤバそうだなぁって僕は感じてました。

ただ、玉ねぎ収穫は炎天下と長時間の単純作業で精神力がゴリゴリに削られる上に結構汚れます。

特に最近気温が急上昇してるので、現場仕事は尚更ヤバい時期なのは百も承知です。

それに、ほぼボーッとやってる感があるので、まぁ僕には合わないのかもしれないです。

事業主さんからは出来損ないだのと煽られる始末でした。

ホリエモンもコンビニや集荷のバイトとかしてたけど、合わないからすぐ辞めたって言ってましたね。

なんかめちゃくちゃ気持ちわかります。

それより一銭にすらならないかもしれないオシャレBBQや捨てられる玉ねぎカレーペースト化の事業化などを考えたり動いたりした方が、圧倒例に生きてる感がありますね、皮肉なことに。

ほぼドラクエやロマサガなどのRPGやってる感があるし、元々ゲーマー気質なので楽しく感じるんですよね。

で、明日は近所にある桃藤庵って言う桃農家でも有名なところへ行って、どんな風にジャムとか作ってるのかとりあえず参考に情報を集めに行きます。

ジャムとカレーペーストってなんか関係あんの?って聞かれると、正直密接な関係はあまりないかもしれません。

ただ、数量限定且つクオリティを高くする為にも、こじんまりとした設備内で鍋などを使ってジャムを作ってる農家さんも多いらしいですね。

まず、カレーペースト化事業を行う為にも、やれそうなところをピックアップしていくことから始めていきます。

ってか、これ書いてて思ったけど、モビルスーツのデザイナーで有名な隣町の熊取町って言う観光協会の人とも繋がってたので、その人に聞くのもめちゃめちゃありですね!

ちなみにそのデザイナーさんが描いたモビルスーツで僕が好きなのは、ガンダムヴァーチェです。

まぁ、いずれにしても明日聞きに行きます。

やはり予算が壁

今日も朝からJAなどをたらい回しにしながら、カレーペースト作りの情報を探し回ってました。


まずは、規格外玉ねぎの大まかな金額を調べに回ったら、最終的に農家直送のファーマーズマーケットというところに行き着きました。


大体、1kg100円そして5kg300円と言った所ですね。


昼からは、どうやってカレーペーストを作ろうかと思い、とりあえずフルーツ農家さんもやってるところを参考にしようと思いました。


が、知り合いにそれっぽい人も居ないので、信金さんから仲介役として紹介してもらうようにお願いしました。


これ書いてる中、よく考えたら桃藤庵ってところもジャムや桃やジェラート作ってるので、そこ行けば良かったなって思い出しました笑


物件探しもしないといけないんでしょうけど、まずどうやって効率良く作るかを決めてからの方が良いかな。


あと、言うまでもないでしょうけど、物件押さえるにしても予算が足りません。


まぁ、借りればええねんってなるんでしょうけど、何とか説得出来る程の熱意を見せつけるしかありませんね。


それでもダメだったら、まぁそれまでなんでしょうけどね。


でも、今こうやって色々情報をロマサガやドラクエのように集めていくのは、楽しいですね。


元々、ゲーマー気質だったせいか、ダークソウルのオーンスタイン&スモウ戦のようになんか熱くなるんですよね笑

色々回ってました

今日は朝からバイト中に痛めた右足首の捻挫の経過診察へ行ってました。

ごくわずかにまだ痛みはありますが、まぁ足場が良いところを歩く分は大丈夫ですね。

一応従業員側としては治療費はタダなのですが、ただ労災なので、サッサと適切な処置をしてほしいところです。

昼から玉ねぎを使ったカレーペースト作りの情報を探しに、とりあえず近所の商工会へ行きました。

『ウチの周りで取れる玉ねぎって言っても普通の玉ねぎだし…』

『桃とかをジャムで作って売ってるところはあるけど、あらかわの桃って呼ばれてる程ブランド力あるけど、そんなに売れてないねん。』

『ジャム作ってるのは農家さん達でこじんまりと鍋とか使って作ってるけど、正直大手のやっすいジャムには敵わへんで』

と、めちゃ消極的なことしか聞けませんでした。

まぁ、真正面から売りに行ってもそりゃそうでしょう。

そういえば、隣町のかつらぎ町ってど田舎で、似たような規格外のフルーツを使って無農薬子供グミってのを作ってる同い年の方が居たので、その人からも情報を今月15日にイベントがあるついでに聞いとこうかな。

https://readyfor.jp/projects/inoharayukiko

それと、どんな鍋使って大量に手作りでカレーペースト作ればええねんって思い、和歌山市の中古屋へ行って聞いたりしましたが、詳しいことは聞けませんでした。

夕方には紀の川市へ戻ってJA選果場へ行って、規格外や捨てられる玉ねぎなどの買い取り価格について聞こうと思ったら、担当者が忙しく明日の朝来いとのことです。

ってか、出張オシャレBBQはどうなってんねんって言われそうですが、HPやSEOブログの制作依頼をしときました。

それと、近所周辺の方々にインスタなどSNSどぶ板営業をスキマ時間にやってます。

しつこさ大事

なんだかんだしつこさは、大事ですね。
https://gunosy.com/articles/a1YbD?s=s

【1】3回は突っ込む


出張オシャレBBQでも最初、突撃訪問などして営業をかけてましたが、コロナ禍もあり当然門前払いでした。


そこで、直接訪問してはダメならと思い、最近学校や企業に名刺と共にお手紙を書いて送ったりしました。


約10社程それぞれ1通ずつ送っておりますが、やはりどこの馬の骨とも知らない奴からのお手紙で、気味が悪いと捉えられてるのかもしれませんね。


特に何の返事もありません。


ただ、たった1回でダメでも少なくとも3回は突っ込まないと、まともなデータは取れないと上記の記事に書かれています。


これが、良いしつこさの例なんでしょう。

【2】身近の例



言われてみると、川崎に居る友達が何度か会おう会おうと言っていたのを思い出しました。


定期的に連絡などしてはいますが、最初に誘われた時はあまり気乗りせず断っていました。


しかし、2回目になると、たまたま僕が住んでるところから比較的近い場所に旅行で来ていたのもあったのですが、まぁ会ってみようかなと思いました。

ただ、その時は友達の都合が急に悪くなって会えませんでしたが。


そして、3回目になると、仕方ないなぁって思うようになったりノリの勢いで川崎まで会いに行きました。


まぁ、こういう身近にも良いしつこさの例が潜んでるのかもしれませんね。


お手紙でも突撃アポでも何でもいいので、少なくとも3回はアプローチしないとですね。

労災隠しをすると

友達の受け売りでもあるのですが、最近事業主は企業の中でドンケツなんだなって感じてます。
玉ねぎ収穫のバイトを始めて1週間経過しましたが、昨日バイト中1m程の段差を降りて着地した瞬間に右足首を捻って捻挫しました。
1日寝ても治らないので、労災指定の病院へ行きました。
正直、労災なので従業員は全額返金されるので、健康保険使わずに病院へGO。
【1】労災を出すと…
労災を出してしまうと、事業主側は結構めんどくさいです。
▼従業員側
・健康保健使わずに企業の労災保健で治療
・一時的に自腹の出費だが、後で全額返金される
・事業主に状況などの確認を取られる
・もし事業主側が何の措置もされなかったら、労基署へGO
▼事業主側
・労災保健料が上がる場合がある
・労災認定されてしまう
・労働者死傷病報告いわゆる5号紙の提出

【2】事業主『めんどくさ…』
と思って労災隠しをする企業も多いです。
僕が前働いていた職場も労災隠しで有名でした。
▼労災隠しをすると…
・罰金50万円(虚偽の報告をしても)
・事業場に対して司法処分を含め厳正に対処する
・事業者に出頭を求め、局長または所長から警告を発するとともに、同種事案の再発防止対策を講じさせる
・全国的または複数の地域で事業を展開している企業において労災かくしが行われた場合は、必要に応じて、当該企業の本社等に対して、再発防止のための必要な措置を講ずる
・建設事業無災害表彰を受けた事業場には、無災害表彰状を返還させる
・労災保険のメリット制の適用を受けている事業場では、メリット収支率の再計算を行い、必要に応じて、還付金の改修を行う等適正な保険料を徴収する
と、かなり面倒な事になります。
ちなみに労災の時効は5年間となっており、仮にお金を積んで黙らせようとしても、5年間いつバレるのかどうか震えながら眠る日々が続きます。

玉ねぎリサイクル?

玉ねぎ収穫のバイト始めて数日経過しました。

炎天下の中、延々と作業するので、結構キツイです。

それでも前の職場で高所20mもある所でモビルスーツのバズーカみたいな重い物を担いだりはめ込んだりするようなヤバい所よりかはマシですが。

僕はそんな作業のことを、ガンダム試作2号機ごっこと呼んでました。

もちろん、核弾頭のようなものは撃てませんが笑

【1】意外と捨てられる玉ねぎは多い

玉ねぎ畑との間に通路状の足場があるのですが、この通路上のあちこちにお店にすら又は格安で買い取ってくれる事すらない玉ねぎが転がってます。

いわゆる捨てられる対象となる玉ねぎの事です。

【2】何故捨てられるのか?

大雑把に言うと、規格対象の玉ねぎと比べたら、表面が異常にみずみずしかったりなど明らかに腐食が早いからです。

通常は茶色い皮に覆われていますが、腐食が早そうな玉ねぎはそんな茶色い皮がすぐペロリと剥げて食べられる部分である真っ白い皮が出てきます。

これが腐食しやすい所以らしいです。

【3】腐りやすい玉ねぎでカレーペースト

3個ほどデカい腐りやすい捨てられる玉ねぎを持って帰って、本格的なインドカレーペーストを作りました。

今まで普通の玉ねぎで作っていましたが、捨てられる玉ねぎでも普通にカレーペーストは出来上がりました。

念の為、冷凍保存してインドカレーを作るタイミングに合わせて解凍し、BBQでカレーを作ろうと思います。

【4】それで?

従来通りのインドカレーが作れる事がわかれば、次のフェイズは、他の人にこのカレーペーストを使ってカレーを作ってもらうように協力してもらう事ですね。

これで

・おいしい

・小学生でも出来る程簡単

・ガチ

・色々なカレーが出来る

などポジティブなコメントが来れば、大量生産化も出来るのではと思っております。

お茶の方が需要ある?

Twitterやインスタなど色々SNSを駆使して出張オシャレBBQを発信しています。


普段は、戦闘力たったの5のゴミのおっさんの発信なのですが笑


言うまでもないかもしれませんが、何が世間にウケてるのかどうか、まぁインプレッション数からなんとなくわかります。


【1】それっぽい文章のみ


インプレッション数は、大体100〜200。


まぁ全然大したことない数字ですね。


そもそも文章だけなら、なんとでも工夫出来るしいつでもどこでも発信出来ますからねぇ。

【2】オシャレBBQの動画



こちらも大して文章のみと変わりません。


まぁ肉の動画なんて見飽きてるのかもしれませんからね。


キャンプ場で肉焼いたりするのは日常茶飯事ですし。

【3】お茶というかそこら辺のヨモギの画像


何故かこれが通常のインプレッションの6倍〜7倍はあります。


まるで、宇宙ポットを壊した孫悟飯の戦闘力のビビったラディッツの表情をしました。


何故なのかハッキリわかりませんが、多分そこらへんに生えている草をもぎ取ってお茶にする発想が世間にはウケてるのかもしれません。


まぁ、確かに周りでキャンプしている人たちを見ると、そんなアホみたいな真似している人は居ませんね。

【4】ヨモギ以外にお茶あるの?



・桃の葉
・どくだみ
・柿の葉
・琵琶の葉

などなど多種多様です。


ってか、素人目線ではどれがどれだかわかりませんが、スマホ時代の現代では識別してくれるアプリがあるそうです。


こちらを駆使しながら色々やってみるのも良いかもしれませんね!

派生させてナンボ

東京から帰る飛行機の中で、ホリエモンの過去にメモっていたメルマガの記事を読み返したら、今の自分にも当てはまることが書かれていました。

以下にコピペしときます。

【“副業”って、ダサい】

 僕のような人間からすると、「本当にやりたいライフワークである“副業”と、その周辺に派生する仕事で、人生を勝負すればいいじゃないか」としか思えてならない。けれども多くの人は「保険に加入しておかなければ」という感覚で、本業にしがみつこうとする。彼らのエクスキューズ(言い訳)はこうだ。

「副業だけでは、失敗したときに困るから」

「家族を養わなきゃいけないし世間体も大事。だから、本業の企業、組織に籍を置いておくことには大きな意味があるんだ」

 これらの言い訳から放たれる、強烈な「リスクヘッジ」の匂い。言い換えれば「小利口」な感じ。僕はここに一種の欺瞞というか、巧妙な逃げを感じるのだ。さらに踏み込んで言えば、こんな手合いが手掛ける副業とやらのクオリティなんて、まったく信用できない。

僕の出張オシャレBBQですが、今の段階ではほとんど売り上げはありません。

売り上げがないならないなりに、このオシャレBBQをどう派生させるかを考える時かもしれません。

そもそも、緊急事態宣言をこれから延々と付き合わないといけない上、ど田舎のキャンプ場ですら閉鎖される時代です。

・食料品加工オンライン販売(オリジナルカレーペースト、冷凍パン販売など)

例えば、今玉ねぎ収穫のバイトをしてるのですが、規格外や腐食が早くなる玉ねぎって結構多く出てしまいます。

仮に規格外を売るとしても、ほぼ利益が出ない程らしいです。

僕の出張オシャレBBQでもお手製インドカレーを出しています。

とは言え、オリジナルカレーペーストを作るときにはどうしても大量の玉ねぎが必要となります。

大体4人分のカレーペーストを作るのに必要な容量は、480g。

デカすぎる玉ねぎ1.5個分程でしょうか。

この規格外玉ねぎや腐食しやすい玉ねぎを回収して、コストカットとしてまず作って反応を見るのも良いかもしれませんね。

ちなみに、タッパーもしくはジップロックに詰めて冷凍保存すれば数ヶ月は余裕で持ちます。

とは言え、玉ねぎ以上にコストがかかるのが、やはりカレー粉。

と言っても、冷凍保存する肉や魚やカレーペーストより長期保存出来るので、おそらくドンッと大量に買っておけば持つでしょう。

これがホリエモンも推していた粉物のメリットです。

本格的に事業起こすとなると、やはり専用の店舗などが必要となってくるのですが、まずは身近にいる人に頼み込んでカレー作ってもらう所からやってみるのも良いですね。

実家に居た頃はよく食べてもらって、めちゃめちゃ美味いって評価はありましたが。

ちなみにこのカレーペーストを使って更に野菜カレーやキーマカレーなどに派生する事も出来ますね。

ワクワクすることの方が大きいけど、同時に不安のドキドキもあったりするので、ただ単純にバイトするとか正社員でのほほんと過ごすのとは、やっぱり違うなぁ。