規格外玉ねぎを使ったうまいカレーを作れるのは良いですが、問題はどうやって気になる農家さんやカフェや飲食店に持って行くか?


カレー自体は胃もたれしにくく優しい味がしてまた食べたくなるという評価を受けてます。


【1】カレーライス形式
これを真っ先に思い浮かんだのですが、何か溢れそうな感じがするしゴミも発生するのもデメリットなんですよね。


おまけに冷えたらどうやって温めるかとかも考えないといけないですし。


まぁ電子レンジで温めれば良いだけなんですがね。


【2】カレーペーストを冷凍した容器だけ
これもすぐ思いついたのですが、わざわざ解凍してそれからカレーを作るのも少々気が引けるというか、自分が逆の立場に立つとあまり良い気分はしないかもしれないですね。


それなら、カレーライスを持って行く方がまだマシな気がします。


【3】カレーパン
最終的にこちらを採用することにしました。


パンのメリットとしては以下が挙げられますね。


・お手軽な持ち運びが可能
・ゴミも発生しにくい
・半分こにも出来る


【4】カレーパンで営業するに当たって
テイクアウト大前提なパンの為、100均でも良いのでとりあえず簡単な手提げ袋が必要ですね。


やはりそう言った袋が有りと無しとでは、その瞬間での対応も変わってくるでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中