東京から帰る飛行機の中で、ホリエモンの過去にメモっていたメルマガの記事を読み返したら、今の自分にも当てはまることが書かれていました。

以下にコピペしときます。

【“副業”って、ダサい】

 僕のような人間からすると、「本当にやりたいライフワークである“副業”と、その周辺に派生する仕事で、人生を勝負すればいいじゃないか」としか思えてならない。けれども多くの人は「保険に加入しておかなければ」という感覚で、本業にしがみつこうとする。彼らのエクスキューズ(言い訳)はこうだ。

「副業だけでは、失敗したときに困るから」

「家族を養わなきゃいけないし世間体も大事。だから、本業の企業、組織に籍を置いておくことには大きな意味があるんだ」

 これらの言い訳から放たれる、強烈な「リスクヘッジ」の匂い。言い換えれば「小利口」な感じ。僕はここに一種の欺瞞というか、巧妙な逃げを感じるのだ。さらに踏み込んで言えば、こんな手合いが手掛ける副業とやらのクオリティなんて、まったく信用できない。

僕の出張オシャレBBQですが、今の段階ではほとんど売り上げはありません。

売り上げがないならないなりに、このオシャレBBQをどう派生させるかを考える時かもしれません。

そもそも、緊急事態宣言をこれから延々と付き合わないといけない上、ど田舎のキャンプ場ですら閉鎖される時代です。

・食料品加工オンライン販売(オリジナルカレーペースト、冷凍パン販売など)

例えば、今玉ねぎ収穫のバイトをしてるのですが、規格外や腐食が早くなる玉ねぎって結構多く出てしまいます。

仮に規格外を売るとしても、ほぼ利益が出ない程らしいです。

僕の出張オシャレBBQでもお手製インドカレーを出しています。

とは言え、オリジナルカレーペーストを作るときにはどうしても大量の玉ねぎが必要となります。

大体4人分のカレーペーストを作るのに必要な容量は、480g。

デカすぎる玉ねぎ1.5個分程でしょうか。

この規格外玉ねぎや腐食しやすい玉ねぎを回収して、コストカットとしてまず作って反応を見るのも良いかもしれませんね。

ちなみに、タッパーもしくはジップロックに詰めて冷凍保存すれば数ヶ月は余裕で持ちます。

とは言え、玉ねぎ以上にコストがかかるのが、やはりカレー粉。

と言っても、冷凍保存する肉や魚やカレーペーストより長期保存出来るので、おそらくドンッと大量に買っておけば持つでしょう。

これがホリエモンも推していた粉物のメリットです。

本格的に事業起こすとなると、やはり専用の店舗などが必要となってくるのですが、まずは身近にいる人に頼み込んでカレー作ってもらう所からやってみるのも良いですね。

実家に居た頃はよく食べてもらって、めちゃめちゃ美味いって評価はありましたが。

ちなみにこのカレーペーストを使って更に野菜カレーやキーマカレーなどに派生する事も出来ますね。

ワクワクすることの方が大きいけど、同時に不安のドキドキもあったりするので、ただ単純にバイトするとか正社員でのほほんと過ごすのとは、やっぱり違うなぁ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中