【はじめに】

和歌山県紀の川市を中心に各キャンプ場へ出張しダッチオーブンなどの機材や食材を持参して、ダッチオーブン料理を調理して提供するサービスをしているLIKEAFOOLの鉄平です。

また、ダッチオーブン料理が出来上がる間や召し上がった後に初心者でも楽しめるボードゲームや、1000年前の貴族になった感じで気になる方にお手紙を一緒に書く体験サービスも提供しております。

スマホなどで事前にPayPay支払いして頂けると、大変嬉しく感じます!

【炭か薪どっち?】

タイトルの通り、ダッチオーブンで使う熱源って炭か薪どっちが良いかと言うと、作りたいメニュー次第で決まります。

▼炭を使った方がおいしく仕上がる

・ピザ

・ローストビーフ

・魚の紙袋焼き など

何故、炭を使った方が良いのかと言うと、長時間一定火力を放出出来ると同時に炭は移動可能な為です。

おすすめな炭としては、オガ備長炭が良いですね。

煙もそんなに出ませんし、爆ぜにくい。

更に、一定火力が2時間程出るので尚更おすすめです。

ただ、ホームセンターで安売りされている木炭は、あまりおすすめしません。

何故なら、木炭は中がスカスカで火が付いた頃には、ほとんどボロボロで火力もあまり出なくて30分以下しか火力も保ちません。

また、ダッチオーブンの下側だけでなく、ダッチオーブンの蓋の上にも炭を置いた方がダッチオーブン内の温度が一定に保つ事が出来ます。

何故ならば、熱というのは下から上に上がっていく習性がありますが、ダッチオーブン内のテッペンまでには熱が伝わりにくいです。

その為、ダッチオーブンの蓋の上にも炭を置く事で、ダッチオーブン内全体の温度を一定に保つ事が出来ます。

尚、ダッチオーブンの下側に置く炭は、ダッチオーブンの蓋と比較的50%以下の数で大丈夫です。

ちなみに、ピザやローストビーフを焼く前には、家やお店のオーブンのように予熱してから焼いた方がおいしく仕上がります。

▼薪を使った方が早く作りやすい

・ポトフ

・肉じゃが

・豚汁

・スープパスタ など

基本的に鍋物類が多く挙げられます。

炭と違って薪の方が瞬間的ですが、炭より高火力が期待できます。

また、水分が非常に多い為、瞬間的でも高火力を出した方が水も炭より沸騰しやすいです。

また、薪をグリル台の端っこに移動させる事で火力調整も可能です。

ただ、高火力を維持する為には薪を定期的に焚べないといけないし煙たくなるのが、デメリットですね。

作るメニューを事前に決めておき、炭か薪どちらを持っていくべきかをしっかり決めるのも、BBQやダッチオーブンの醍醐味でもあります。

この遠足へ行く前のような気分こそ何より楽しくなりますね🤗

ここまで読んで頂きありがとうございました!

和歌山市・紀の川市・岩出市・和泉市・泉佐野市・岸和田市などの方々の、出張ダッチオーブンのご予約を随時受け付けておりますので、よろしくお願いします!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中