和歌山県紀の川市の各地キャンプ場を中心に出張し、ダッチオーブン料理をサービスする事業を行っているダッチオーブン王今年LIKEAFOOLです。

ダッチオーブンも何百年も前では生活様式の一部に取り込まれていましたが、現代ではただの遊びの一環になっています。

そもそも、おいしい和牛を接待や友人の間で食べに行きたい場合、東京中目黒にあるwagyumafiaへ行った方がアクセスも良いし、何より和牛料理に関する最先端の設備が整っています。

ただ、wagyumafiaと言えど、キャンプ場と言った野外でのサービスは行っていませんので、wagyumafiaのサービスを堪能したいなら、お店へ行かなければ行けません。

僕のLIKEAFOOLもキャンプ場などへ足を運ばなければいけないのですが、wagyumafiaと違い開放感溢れるアウトドアを前提にしたダッチオーブン料理をベースに提供しております。

ダッチオーブンも、今から200年前アメリカ西部開拓時代にて広くキャラバンなどで料理や食事の生活様式の一部として溶け込んでいました。

煮たり焼いたり蒸したり何でも出来る一品なので、やはりキャラバン達の旅路ではとても重宝しました。

一方、現代ではガスレンジやらIHやらオーブンが、すっかり生活様式の一部に溶け込んでおります。

一般家庭でダッチオーブンを使う家庭など、全く無いと言っても過言ではありません。

Photo by cottonbro on Pexels.com

そんな現代で、ダッチオーブンを知りたい体験したいという方は、おそらく根っこからのアウトドア遊びが好きな方だと思います。

ダッチオーブンがいかに魅力的と思えど、やはりガスレンジやIHやオーブンなど現代の設備と比較すると、やはり使い勝手は悪くなります。

しかしながら、これらはキャンプ場と言った野外では使う事は出来ません。

その点に関して言えば、キャンプ場でも使う事が出来るダッチオーブンならではの魅力や可能性が出てきますね。

アウトドアでは、そもそも不便を楽しむというのが大前提にあります。

最近では、AIや新型コロナウイルスが再び猛威を奮い出して来たので、田舎のキャンプ場に注目が集まってきてます。

これを機会に、和歌山市・紀の川市・岩出市・岸和田市・和泉市・泉佐野市・大阪市などの方々のご予約も随時受け付けておりますので、ご予約お待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中